トップへ > 盗聴器に関するQ&A > 盗聴器が仕掛けられていると、どのような現象が起きますか?

Q:盗聴器が仕掛けられていると、どのような現象が起きますか?

回答
盗聴器とテレビの電波が干渉して、テレビに雑音やノイズが走るという現象が起ることがあります。その他には、どのような現象が起きるか、解説したいと思います。


身の周りに盗聴器が仕掛けられている場合、
何か違和感を感じることがあります。


プライベートな情報がバレたり秘密の情報が漏れていると感じることはとても恐ろしくて不気味なことで、電波干渉による家電製品の異変もひとつの例と言えます。

もし身近でこのような現象が起こっていた場合、自宅や会社に
盗聴器が仕掛けられている可能性を疑ったほうが良いかもしれません。

盗聴器が仕掛けられていた場合に起こりうる現象

  • 固定電話に雑音が聞こえる
  • 無言電話や間違い電話が多くなった
  • テレビを見ている時にノイズが走る
  • 今まで聞けていたラジオに雑音が多くなった
  • 見覚えのないコンセントタップがあった
  • モノが移動していた(ぬいぐるみ、置物、家具家電)
  • 見覚えのない物あった(ボールペン、USBメモリなど)
  • 誰にも言っていない秘密が漏れている

電波を発する盗聴器が仕掛けられていた場合、盗聴器と家電製品の電波が干渉して雑音やノイズが走るという現象が起ります。

盗聴器に使用されている周波数は家電製品の周波数に干渉しないような周波数が割り当てられているのが一般的ですが、中には粗悪品の盗聴器も販売されています。

そういった粗悪品の盗聴器が固定電話で使われる周波数や
テレビの周波数と近い周波数を使用していた場合、電波干渉を起こして雑音が聞こえたりノイズが混じった映像となるのです

仕掛けられている可能性のある盗聴器にはボイスレコーダータイプのように電波を発しないタイプの盗聴器もあります。

ボイスレコーダータイプの盗聴器はオフィスに仕掛けられている
事が多く、「電卓型」「ボールペン型」など実際にオフィス用品として使用できるよう巧妙に作られています。

手に取って見ても普通の事務用品なので、盗聴器と判別が出来ず、これがオフィスのどこかに仕掛けられていたら盗聴器だと気づくのは困難でしょう。

盗聴によって起こるかもしれない影響

もし盗聴されていたら、それだけでも不気味なのに
盗聴によってさらなる被害が起こるかもしれないことを念頭に
置かなければいけません。


ストーカーが盗聴をしていた場合、さらに付きまとい行為が
エスカレートして犯罪に巻き込まれる可能性があります。

職場に盗聴器が仕掛けられていた場合、競合他社に企業秘密が漏洩して技術が盗まれることがあれば何千万、何億円という損害になりかねません。

このように被害が大きくならないようにするには普段から身の回りに気を配る必要がありますが、十分に注意していても気づかないことあるのが盗聴器というものです。

もし少しでもおかしいと感じたら早めに対策をとる、被害に合わないための予防線として定期的に盗聴発見調査を依頼するなどの対策をとる必要があります。

盗聴器発見に関するその他の質問

Q:盗聴器を見つけるのに、一番効果の高い盗聴器発見器はどれですか?


Q:ラジオを使って盗聴器を発見することはできますか?


Q:盗聴器が仕掛けられたコンセントの見分け方はありますか?


Q:どんなプレゼントに盗聴器が仕掛けられますか?

Q:小型盗聴器を目視で見つけることはできますか?

Q:イヤホン型やペン型の盗聴器以外の偽装型の盗聴器を教えてください。


Q:盗聴されていると感じた時、やってはいけない事はありますか?