トップへ > 盗聴器に関するQ&A > 盗聴器が仕掛けられたコンセントの見分け方
Q:

盗聴器が仕掛けられたコンセントの見分け方はありますか?

A:コンセントの外観を見ただけでは、コンセントに盗聴器が仕掛けられていると判断するのは難しいです。

自宅やオフィスのコンセントに、盗聴器が仕掛けられることがあります。

ですが、コンセントの外観を見ただけでは、コンセントに盗聴器が仕掛けられていると判断するのは難しいです。

盗聴器が仕掛けられたコンセントの見分け方!

盗聴器が仕掛けられたコンセントの見分け方!


コンセントの外観だけでは見つけられませんが、盗聴器が仕掛けられる手口を知っていれば、コンセントに盗聴器があるかどうかを調べることができます。

その手口は大きく分けて2つあり、盗聴器を仕掛ける場所で変わります。

1.コンセントの差込口に盗聴器が仕掛けられる。

コンセントの差込口に盗聴器を仕掛ける方法としては、差込口の数を増やすための電源タップに偽装された盗聴器が用いられます。

2.コンセント内部に盗聴器が仕掛けられる。

コンセントカバーを外して、その内部に盗聴器が仕掛けられることがあります。

1の電源タップを使った盗聴の場合、見覚えの無い電源タップや延長コードなどがコンセントに取り付けられていれば、家主も異変に気付くことが出来ます。

しかし、この電源タップ型盗聴器も、やはり見た目だけでは普通のタップと区別がつきません。

盗聴を防ぐ方法として、電源タップをすべて新しい物に交換してしまうというものが挙げられます。その後すりかえられたり増えたりすることのないように、ご自分だけが分かるマークなどをつけて管理しても良いでしょう。

比較的発見、対策が簡単な1の方法に対して、2のコンセント内部に盗聴器を仕掛ける方法の場合、コンセントカバーを取り外し、内部をくまなく調べなくては盗聴器が仕掛けられているかどうか判断することができません。


コンセント部分のカバーを取り外して、その内部をくまなく調べるためには、どうしても壁向こうの配線を触らざるを得ません。しかしその作業には、電気工事士の資格が必要となります。


電気工事士は「電気工事法」という法律に基づく国家資格で、この資格なくコンセントの壁から向こうの工事を行うと、3万円以下の罰金、または3カ月以下の懲役を科せられます。

もちろん盗聴器の調査だけではなく、盗聴器が仕掛けられていた場合、その盗聴器を取り除くことも電気工事士の資格が必要です。


無理にコンセント内部をいじってしまうと、感電したり、火災が発生したりする危険があります。

コンセント内部を調べたいときは、必ず電気工事士の資格を持っている人に依頼してください。

コンセントだけでなく、タンスや電話機など、盗聴器が仕掛けられる場所は他にもあります。


詳しくは、「盗聴器が最も多く仕掛けられる場所」が参考になりますので、併せてご覧ください。


その他の質問

Q:盗聴器を撤去するには、どのような資格が必要ですか?



Q:盗聴できる距離の限界はどこまでですか?


Q:企業に盗聴器が仕掛けられた場合、どんな犯人がどんな目的で仕掛けますか?


Q:ラジオを使って盗聴器を発見することはできますか?


Q:盗聴器の周波数とは何ですか?


Q:盗聴器の種類はどんなものがありますか?


Q:盗聴器を見つけるのに、一番効果の高い盗聴器発見器はどれですか?


Q:なぜ盗聴が法律上で違法にならないのか?


Q:盗聴器を設置すると犯罪になりますか?


Q:警察に盗聴の捜査を依頼することは可能ですか?


Q:盗聴を妨害する音声があると聞きました、本当ですか?

Q:どんなプレゼントに盗聴器が仕掛けられますか?


Q:小型盗聴器を目視で見つけることはできますか?