トップへ > 盗聴器に関するQ&A > 盗聴の慰謝料相場はいくら?

Q:盗聴の慰謝料相場はいくらですか?

盗聴被害による慰謝料の相場は、明確に決まっているわけではありません。

あえて慰謝料の相場を言うなら、10万円〜100万円といった金額が盗聴被害に対する慰謝料の相場になるのではないでしょうか。

この相場の根拠は、軽犯罪で被害者と犯人が示談交渉した場合の請求額が10万円〜100万円という金額が多いことが根拠です。

そもそも慰謝料とは「精神的損害、つまり肉体的苦痛、悲嘆、恥辱などの精神的苦痛に対する損害賠償金」と 定義されているものですが、この「精神的損害」をどのように捉えるかは実にケース・バイ・ケースなのです。
しかし盗聴の場合は、どこからどこまでが盗聴による被害なのか、複雑なファクターが絡み合った事例が多いため、一概に幾らであるとは言えないのが現状です。示談でも裁判でも、被害者と加害者、それぞれの状況を考慮に入れた上で金額は算出されます。

この場合の「状況」とは、精神的苦痛の度合、請求相手の財産・収入、証拠の内容などを指しますが、この中でも「精神的苦痛の度合」は客観化するのが極めて難しいものです。

ですから、慰謝料請求の際には事前に自分の精神状態を、第三者から見て極力わかりやすい形で記録しておくのが有効です。

被害者の多くは感情的に相手を追及したいと考え、逆に加害者のほとんどはできるだけ罪を軽くしたいと考えます。

この軋轢が慰謝料金額の決定を困難にしています。そこで頼りになるのが証拠です。
冷静かつ確実に慰謝料請求をおこなうには、盗聴の決定的証拠をつかむことが最優先です。


関連するその他の質問

Q:警察に盗聴の捜査を依頼することは可能ですか?



Q:盗聴器を設置すると犯罪になりますか?


Q:盗聴器の種類はどんなものがありますか?


Q:ラジオを使って盗聴器を発見することはできますか?


Q:盗聴を妨害する音声があると聞きました、本当ですか?