トップへ > 盗聴器に関するQ&A > 盗聴器を撤去するのに必要な資格は?

Q:盗聴器を撤去するには、どのような資格が必要ですか?

盗聴器が仕掛けられている場所によって、資格が必要になる場合があります。また、撤去する場所によって必要な資格は異なります。

自分のマイホームやオフィスなどに盗聴器が仕掛けられていることがわかれば、すぐに撤去したい!と考えるのは当然のことです。
しかし、お待ち下さい。その盗聴器は、撤去するために資格が必要な場所に仕掛けられていませんか?
盗聴器が仕掛けられた場所によって、撤去に必要な資格は何か、詳しく解説していきます。

自宅やオフィスに隠された盗聴器を個人で見つけ出すのは難しいです。まして、特殊な盗聴器となると個人では発見がほぼ不可能になります。 当社は盗聴器の発見調査に力を入れており、盗聴器を発見するための専門機材を多数揃えています。調査に関する質問は、お気軽にご連絡ください。

盗聴器の撤去に資格が必要な場所の見分け方

盗聴器の撤去に資格が必要なのは、普段見えないところに設置されて場合、以下のような場所になります。


これらの場所に設置されている盗聴器の撤去には、国家資格が必要です。
電話の盗聴器の撤去や光ケーブルなど通信系の配線に設置された盗聴器を撤去するには、
AI・DD第三種電気通信設備工事担任者(旧アナログ第三種工事担任者)の資格が必要とされています。
これはNTTなど、他者から回線を利用させてもらって通信を利用しているためで、間違ってショートさせてしまい、
相手に損害を与えてしまうと、賠償責任が発生することもあるからです。
また、コンセントの裏側などの電気の屋内配線に設置された盗聴器を撤去する場合は、二種電気工事士の資格が必要とされています。
店舗や住宅内の電気設備設置や配線を行うために必要な資格で、盗聴器の撤去には必要な資格とされていますが、盗聴器発見に必要な調査には必要不可欠というわけではありません。

コンセントや電話回線に盗聴器を設置するには、それなりの知識と設置のための時間が必要です。
犯人が盗聴器を設置しようとすると、盗聴したい対象者にバレないようにして、限られた時間内に盗聴器を設置しなくてはなりません。
そのため、取り扱いに特別な免許を必要とする場所へ盗聴器を仕掛けるのは難易度が高くなります。

そのような設置の難しさから、盗聴器を販売しているサイトをみても、設置に時間のかかる盗聴器よりも、
簡単に設置できるコンセント型や偽装型(ぬいぐるみや置時計などの中に盗聴器が仕掛けられている。)用の盗聴器が多く販売されています。
盗聴器の撤去に資格が必要な場所もありますが、盗聴被害の多くは、撤去に資格の必要ない盗聴器によるものが多いようです。


関連するその他の質問

Q:盗聴器が仕掛けられたコンセントの見分け方はありますか?



Q:本当にラジオを使って盗聴器を発見することはできますか?


Q:盗聴器を設置すると犯罪になりますか?


Q:盗聴できる距離の限界はどこまでですか?


Q:盗聴器の種類はどんなものがありますか?


Q:盗聴器を通販などで販売しても、法律的に問題はありませんか?


Q:警察に盗聴の捜査を依頼することは可能ですか?


Q:盗聴の慰謝料相場はいくらですか?