盗聴器発見業者でも見つけるのが困難な最強の盗聴器とは

盗聴器には様々な種類があります。

従来の盗聴でよく使われる盗聴器から、ここ最近新しく見かけるようになった盗聴器まで、盗聴器発見業者が対応に追われています。

そんな盗聴器の中でも、最強の盗聴器とはどんな物なのか、気になっている方もいらっしゃると思います。

盗聴器発見業者でも発見が難しい盗聴器がいくつかあります。

その中から更に見つけるのが困難な盗聴器が最強の盗聴器ということになります。

そこで、従来の盗聴器を除く、現在確認されている盗聴器の発見難易度から、最強の盗聴器が何かを調べてみました。

盗聴器の発見難易度

【難易度:低】 デジタル式盗聴器(周波数にデジタル波を使用)

携帯電話が一般に普及するようになって増えた盗聴器のタイプです。

従来のアナログ式盗聴器とは別にデジタル波を使ったデジタル式盗聴器が使われるようになりました。


デジタル式盗聴器は、携帯電話を改造した物から、従来の盗聴器と似た外見の盗聴器まであります。

価格も従来の盗聴器とさほど違いはありません。

そのため、デジタル式盗聴器を手に入れ易い環境も整っています。


このデジタル式盗聴器を見つけるためには、3.2Ghzまでの周波数を傍受することができる受信機が必要です。

3.2Ghzまでを傍受できる機材を持つ発見業者は数が限られ、デジタル式盗聴器の発見調査に対応できる業者は少ないように思われます。

【難易度:中】盗聴アプリ(スマートフォンアプリを使った盗聴)

最近特に注目されている盗聴器が、スマートフォンを使った盗聴、または盗聴アプリと呼ばれるアプリを使った盗聴です。

ターゲットのスマートフォンに特定のアプリケーションをダウンロードして盗聴を行うこのアプリですが、残念ながら電波を傍受するタイプの盗聴器発見器では見つけることができません。

また、アプリにも種類による違いがあり、ボイスレコーダーアプリを盗聴に悪用するケースもあったり、従来の盗聴器発見方法では対応することができません。

この盗聴アプリの対処には、スマホにインストールされているアプリケーションを確認したり、セキュリティアプリを使って隠れて稼働中のアプリを見つけ出すしかありません。

AR6000の性能に関しては、直接、メーカー(AOR)のサイトを参照頂ければご理解いただけるでしょう。

【難易度:高】電波を飛ばさないタイプの盗聴器

盗聴器を大きく分類すると、電波を飛ばすタイプと飛ばさないタイプ、2つのタイプにわけることができます。

電波を飛ばさないタイプの盗聴器には、特殊盗聴とも呼ばれるかことがあり、レーザー盗聴コンクリートマイク電磁波盗聴(テンペスト)などがあります。

電波を飛ばすタイプの盗聴器は一般の人でもご存知の方が多いと思いますが、電波を飛ばさないタイプの盗聴器については知識がまったくなかったり、発見業者でも対応が違います。

発見の難しい盗聴器として挙げた、
レーザー盗聴やコンクリートマイク、電磁波盗聴は、従来の盗聴器発見器では見つけることができません。


電磁波盗聴(テンペスト)は、使用される可能性がほとんど無いかなり特殊な盗聴ではありますが、実際に盗聴として利用することが可能ということで、今回ご紹介しました。


この盗聴器の発見難易度から、最強の盗聴器とは、従来の電波を飛ばすタイプの盗聴器とは違う、まったく新しい盗聴器が、最強の盗聴器ということになると思われます。

現状、盗聴器を発見するための方法として、盗聴器から発信されている電波を傍受するというのが一般的で、盗聴被害で最も多いのも電波を飛ばすタイプの盗聴器です。

最強の盗聴器に備えようと思っても、業者が未対応であったり、発見方法が確立されていない盗聴器も僅かに存在します。

現実で盗聴に使われる頻度はそこまで多くは無いと思われますが、発見業者でも見つけることが困難な「最強の盗聴器がある」ということを頭の片隅に置いておく必要があるのではないでしょうか。